• 詳細
  • 写真
  • 投稿
  • 掲示板

前編 後編


華劇「雨月物語 菊花の約」前編

【あらすじ】
丈部左門は、友人の家で病気で倒れている行きずりの武士、赤穴宗右衛門を見かける。
左門は赤穴を看病し、その甲斐あって彼は日に日に良くなっていき…

【登場人物】
赤穴:衛守祭(CV:松野太紀)
左門:初生谷浩史(CV:野島健児)
華人:初生谷浩史(CV:野島健児)

華人
「みなさまようこそ。
 今回の舞台の案内人を務めさせて頂きます、華人(はなびと)でございます。
 今回お届けするのは、兄弟のちぎりをかわした男2人の、
 硬く結ばれた友情の物語です。
 学者・丈部左門が、ある日友人の家に行くと、
 行きずりの武士が病気で伏せておりました。
 病がうつるといけないと言って止める友人でしたが、
 武士が苦しそうにしているのをみて可哀想に思った左門は、
 彼の様子を見に、部屋へと入って行きました」

赤穴
「ううっ、苦しい……水……水を一杯」

左門
「水ですね、今すぐに! 心配いりませんよ。ぼくが必ず助けますから!」

華人
「左門はそう言うと、粥を炊いて病人に食べさせ、自ら薬を調合して与えました。
 そうして、数日看病をした甲斐もあり、病人は少しずつ良くなっていきました」

赤穴
「本当にありがとうございます。あの……?」

左門
「あ、ぼくの名前は丈部左門です。大分よくなったみたいですね。本当に良かった!
 貴方のお名前も聞いてもいいですか?
 赤穴 「赤穴宗右衛門(あかなそうえもん)と申します。
 国元の出雲で、城主、塩谷(えんや)様に軍学を教えていたのですが、
 国を離れている間に謀反が起き、塩谷様が殺されてしまいまして……」

左門
「それは大変でしたね。ゆっくり養生してください!
 ときに、軍学とは…ぼく興味あるんです。是非色々教えてください」

赤穴
「本当に色々と、お気遣いありがとうございます……貴方は文学の勉強を?」

左門
「はい! 赤穴さんは文学の方は?」

赤穴
「そうですね、私が良く読むのは――」

華人
「田舎町で修めた学問を論じ合う仲間に飢えていた左門は、
 赤穴が元気になった後も毎日のように彼の元を訪れ、様々なことを語り合いました」

左門
「本当にぼくたちって気が合いますよね」

赤穴
「確かにそうですね。好きな書物を挙げればすべて一致するなど、本当に不思議です」

左門
「ねえ、赤穴さん。ぼく、赤穴さんにお願いがあるんですけど……」

赤穴
「なんでしょう? 私にできることなら何でも言ってください。
 貴方は私の命の恩人ですから」

左門
「あの……ぼくの兄さんになってください!
 ぼく、長男だから、昔からずっと兄さんが欲しいと思ってて……
 赤穴さんこそ、ぼくの理想の兄さんだ……って!」

赤穴
「ありがとう。貴方にそんな風に思ってもらえるとは光栄です。私で良ければ、是非」

左門
「わああ、本当ですか!? ありがとうございます!
 母さんもきっと喜ぶと思います」

赤穴
「……私にはすでに両親はいませんし……
 貴方みたいに賢い弟ができるとは、本当に嬉しいですね」

華人
「こうして左門と赤穴は、兄弟の契りを交わしたのです」

華人
「季節は変わり、家族3人で穏やかな毎日を過ごしていたある日……」

赤穴
「左門、ちょっといいかな」

左門
「なに、兄さん」

赤穴
「私は一度故郷に戻ろうと思う。
 今は塩谷様を倒した尼子(あまこ)という男が国を治めているらしいが、
 国元がいったいどうなっているのか、気がかりで……」

左門
「そっか……でも、また戻って来るんだよね?」

赤穴
「ああ、もちろん。遅くともこの秋には帰ってくると約束する」

左門
「秋? 秋の何日頃?」

赤穴
「9月9日の菊の節句の日はどうだろう。この日にしておけば、忘れないからね」

左門
「それなら、菊の花を飾って、宴の支度をして待ってることにするよ」

赤穴
「ああ、頼む。……じゃあ、行ってくる」

左門
「うん。気をつけて、兄さん!」

華人
「赤穴は故郷である出雲へと向かい、そして、飛ぶように季節は過ぎ――
 約束の9月9日を迎えました」

左門
「今日はとうとう兄さんが帰ってくる! 朝から大忙しだ。
 まずは掃除に買い出しに……」
華人
「朝からバタバタと動き回る左門に、
 『出雲は遠いのだから、赤穴さんも今日帰りつけるかわかりませんよ』
 と母が言っても、どうやら左門には聞こえないようです」

左門
「兄さんは絶対に約束を守る人だよ。だから、必ず今日帰ってくる!」

華人
「左門は、大通りに立って、兄の帰宅を今か今かと待っていました」

華人
「しかし夕刻になっても、さらに夜になっても、赤穴の姿は見えません」

左門
「……母さんはもう、先に休んでて。ぼく、もう一度だけ、通りを見てくるから」

左門
(さすがにもう……いい加減諦めなきゃ。これ以上はキリがないよね)

華人
「その時、わずかな物音に気付いた左門は、音のする方向に目を凝らしました。
 すると、黒い影がゆっくりと近づいてくるのが見えたのです」


前編 後編

◆配信中の華劇公演作品

「シャルロッテ」
ファレストとプライオスは敵対関係にあり、長い間争いを続けていた。そんな中、ファレスト王バプティスと、プライオス王の弟レオンは、密かに親交を交わしていた。ある日、バプティス王との謁見後、帰途でレオンは、ある人物に呼び止められる。その人物とは、ファレストの王子シュリオだった…。
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん」
満月の夜には、猫たちが互いの縄張りをかけた真剣勝負、「にゃんけん」を行うという。今宵もまた、満月。猫たちが集まる空き地にて、三毛猫組とニャーク団による一騎打ちが行われようとしていた―。
再生ページへ

「フレンズ」
ある夏の日、亮平はバスケ部の友人達と夏祭りに出かけていた。そこで同じ学校に通う賢一と出会い、言い争いを始めてしまう。そこに突然、鈴鹿という女の子が現れて―。
再生ページへ

「クリスマス キャロル」
スクルージ・キャロルは、偏屈な上に堅物、ケチで傲慢な金の亡者。庭師のティムが娘のルーシィに思いを寄せていることが気に食わず、クリスマスパーティの前日、ある計画をを思いつく―。
再生ページへ

「せをはやみ(ビター)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ビターチーム)
再生ページへ

「せをはやみ(ハニー)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ハニーチーム)
再生ページへ

◆配信中のラジオシアター作品

「雨月物語 菊花の約」
丈部左門は友人の家で病気で倒れている行きずりの武士、赤穴を見かける。左門は赤穴を看病し、その甲斐あって彼は日に日に良くなっていき…
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん 代理戦争篇」
満月のたびに三毛猫組とニャーク団の縄張り争いの方法は、『にゃんけん』と呼ばれ、勝負のたびに引き分けを繰り返していた。
再生ページへ

「雨月物語 吉備津の釜」
豪農の息子、正太郎はは吉備津神社の神主の娘、磯良と出会い、二人は互いに惹かれあうようになる。しかし、二人の将来を占ったところ、思わしくない結果が出てしまう。
再生ページへ

「今日の猫 明日の猫」
身ぎれいな明日の猫と、少し汚れている今日の猫。二人の猫の会話は取り留めもなく続いていく…
再生ページへ

「ジュリオの結婚」
平凡で貧乏な男ジュリオは、長年想い続けていた大金持ちの娘カーラと結婚をし、幸せを噛み締めていた。しかし、そんなジュリオに一通の手紙が届く…
再生ページへ

「シンデレラ」
シンデレラは、継母とその連れ子である姉にいじめられていました。継母達の言いつけを守り、家事をしていると…?
再生ページへ

「プチ・プランス」
飛行機でサハラ砂漠に不時着し、故障してしまった飛行機を直していたぼく。すると、少し変わった服を着た少年がぼくに声をかけてきた。
再生ページへ

「注文の多い料理店」
今回のお話は、宮沢賢治の児童文学を華劇風にアレンジした作品です。狩りのために、とある山に訪れた兄弟…。彼らは一体どうなってしまうのか。
再生ページへ

「アリババと砂漠の盗賊」
今回のお話は、言わずとしれた物語「アリババと40人の盗賊」を、華劇風にアレンジした作品です。さて、今回はいったいどんな展開になるのか。
再生ページへ
※パソコンからの視聴について
本サービスは、スマートフォン向けのサービスとなります。
パソコンからご視聴の場合は、一部ご利用いただけないブラウザがございます。
対応ブラウザ:Internet Explorer 9.0、10.0、11.0、Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版
また、最新版のブラウザでも一部の端末で再生が途切れる場合がございます。
Flash Playerを最新版にすることで改善する場合もございます。
最新版のFlash Playerはこちら

※お問い合わせについて
視聴が行えない等のお問い合わせにつきましては、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ



JASRAC許諾第9010553091Y31018号