• 詳細
  • 写真
  • 投稿
  • 掲示板

前編 後編


華劇「プチ・プランス」前編

【あらすじ】
飛行機でサハラ砂漠に不時着し、
故障してしまった飛行機を直していたぼく。
すると、少し変わった服を着た少年がぼくに声をかけてきた。

【登場人物】
王子:常盤薫(CV代永翼)
ぼく:松浦彼方(CV羽多野渉)
ヘビ:松浦彼方(CV羽多野渉)
バラ:松浦彼方(CV羽多野渉)、常盤薫(CV代永翼)
キツネ:松浦彼方(CV羽多野渉)

王子
「あの! お願いします!
 …僕のために羊の絵を描いて!」

ぼく
「?!」

ぼく
「飛行機でサハラ砂漠に不時着し、
 故障してしまった飛行機を直していたぼくは、突然の声に驚いた。
 声のした方に目を向けると、そこには、少し変わった服を着た少年がいた。」

王子
「ねぇ、羊だよ、羊! 羊の絵を描いてほしいんだ!」

ぼく
「絵心に自信はなかったが、ぼくは言われるままに羊の絵を描いた。
 けど、その少年はぼくの描く羊が気に入らないらしく、何度も書き直させられ、
 少しイライラしたぼくは、穴の開いた箱を描いて少年に渡した。」

ぼく
「ほら、キミの求めている羊は、その箱の中にいるよ。
 これでいいだろう?(少し投げやりな感じに)」

王子
「そう、これだよ! 僕はこんな羊が欲しかったんだ!ありがとう!」

ぼく
「これが、ぼくと彼との出会いだった。」

王子
「僕の星ってね、すごく小さいんだ。
 ほんとに小さくて、どのくらいかって言うと、
 そうだな、ほんの家くらいの大きさかな。」

ぼく
「飛行機の修理をしながら少年のおしゃべりを聞くうちに、
 ぼくは、その少年がどこかの小さな星の王子さまだということを知った。」

王子
「僕の星には、火山が3つあって、毎日僕が煤を払ってあげるんだ。
 それとね、バオバブの芽が生えてくるから、こいつはやっかいなんだよ。
 すぐに見つけて抜かないと、根っこがすぐに伸びてしまってね、
 星を貫いて破壊しちゃうんだ。
 あとはね、よその星からやってきた種から咲いた、
 きれいな花が一輪咲いているんだ。
 ねぇ、キミがくれた羊は、花を食べちゃうのかな?」

ぼく
「そうだね。食べちゃうかもね。(そっけない感じに)」

王子
「棘のある花でも食べちゃうの?」

ぼく
「棘なんて、何の役にも立たないよ、あんなもの、ただ、いじわるしたいだけさ。」

王子
「…そんなことないよ!(ちょっとムキになって)」

ぼく
「彼は突然ムッとした口調になった。」

王子
「花の棘が何の役にも立たないなんてこと、あるわけないよ!
 花は弱いんだ! だから、棘があれば人を脅かせると思ってる!
 自分を守りたいだけなんだよ!(怒っている感じに)」

ぼく
「ごめん、そんなつもりで言ったんじゃないよ。
 それにぼくは今、大事な仕事をしてるんだ。」

王子
「あんた! 全然わかってない!全然わかってないよ!
 花は何百万年も前から棘をつけていて、羊は何百万年も前から花を食べてる。
 なのに、花が何の役にも立たない棘をつけるのがどうしてなのか、
 それを知ろうとすることが、大事じゃないって言うの?
 花と羊の戦いが、どうでもいいことだって思うの?
 僕の知ってる花が、ある朝、羊に食べられてなくなってしまうかもしれなくても、
 (次第に泣いて言葉につまる)
 あんたはどうでもいいことだって言うの?…ひっく。ひっく。(泣く)」

ぼく
「王子はそれ以上何も言わなくなってしまった。」

ぼく
「ごめんよ、大丈夫だから。
 キミにあげた羊には、口輪を描いてあげるよ。
 そうすれば、羊は花を食べられないからね…」

王子
「(泣き続けている)」

ぼく
「ぼくも、それ以上王子にどんな言葉をかけてあげたらいいのか分からなかった。
 その後、ぼくは王子からその花についての色々な話を聞いた。
 その花は、とてもきれいだけど、ちょっとわがままだってこと。
 王子は一生懸命その花の言うことを聞いて、精一杯のお世話をしてあげたこと。
 だけど、だんだん疲れてしまって、気持ちがすれ違ってしまったこと。
 それで、王子は色んな星を見て回る旅に出たこと。」

王子
「地球はね、7番目の星なんだ!
 6番目に行った星の、地理学者が教えてくれたんだよ!
 地球って、すごく大きい星だよね。びっくりしちゃったよ。」

王子
「最初に地球に来たとき、周りに何もなくてさ。
 どうしようって途方に暮れてたら、ヘビに会ったんだ。」

ぼく
「王子は僕に話し始めた。」

ヘビ
「こんばんは!」

王子
「こんばんは! ここは、どこ? 地球じゃないの?
 僕はどこへ来てしまったの?」

ヘビ
「地球だよ。アンタ、何しにここへ来たんだ?」

王子
「僕の花と、ちょっと喧嘩しちゃって… ここは何もなくてさみしいね。
 ねぇ、人間はどこにいるの? 教えて!」

ヘビ
「人間のところへ行ったって、どのみちさみしいさ。
 いつか自分の星が恋しくなって、帰りたくなったら、またここへおいで。
 星へ帰るのを手伝ってあげられるよ。」

王子
「キミ、変なやつだなぁ。」

へび
「自分ではそんなつもり無いけどね。
 アンタがそう思うなら、そうなのかもね。」

王子
「キミ、やっぱり変だよ。
 けど、ありがとう。帰りたくなったら会いに来るよ。」

ぼく
「ヘビと別れた王子は、人間を探して歩き、
 その途中、彼の星の火山よりもはるかに高い山に登り、
 彼の花にそっくりの花がたくさん咲いているのに出会った。」

王子
「こんにちは! キミたちは誰?」

バラ
「私たちはバラよ!(声をそろえて)」

王子
「ああ、僕の花は、自分は宇宙に自分たったひとつだって言ってたけど、そんなことなかったんだ。
 僕は、宇宙にたったひとつの花が自分の星にあるってことを自慢に思っていた。
 だけど、ほんとは、こんなにありきたりなバラの花がひとつ咲いていただけだったんだ。
 それに、僕の星の3つの火山だって、僕の膝くらいまでしかない。
 僕は王子だなんて言っても、たいしたことなかったんだ。(さめざめと泣く)」

キツネ
「こんにちは!(少し離れたところから)」

王子
「…こんにちは。(声のした方を見ながら)
 ?!…誰もいない、さっきたしかに声が聞こえたのに。」

キツネ
「こっちだよ! りんごの木の下!(少し離れたところから)」

王子
「キミは誰なの?」

キツネ
「オレはキツネ。どうしたの? 泣いてるのかい?」

王子
「キツネ、僕と一緒に遊んでよ! 僕、さみしいんだ。」

キツネ
「それは無理だな、キミとは遊べないよ。
 だってオレたち、「仲良し」じゃないからな。
 俺は仲良しとしか遊ばない「主義」だからな。(得意げに)」

王子
「そっか…。「仲良し」ってどうなるの?」

キツネ
「「特別」になるってことだな。」

王子
「「特別」に…なる?」

キツネ
「キミにとってオレは、他にたくさんいるキツネの中の一匹でしかない。
 オレにとってもキミは、他にたくさんいる少年の一人でしかない。
 キミはオレを必要としていないし、オレもキミを必要としていない。
 でも、キミにとってオレが「特別」になると、
 オレにとってもキミが「特別」になる。
 そうなると、オレたちはお互いが世界でたったひとつの存在になる。」

王子
「それが、「仲良し」…」

キツネ
「そうさ!…オレと「仲良し」なってみるか?」

王子
「どうすればいいの?」



前編 後編

◆配信中の華劇公演作品

「シャルロッテ」
ファレストとプライオスは敵対関係にあり、長い間争いを続けていた。そんな中、ファレスト王バプティスと、プライオス王の弟レオンは、密かに親交を交わしていた。ある日、バプティス王との謁見後、帰途でレオンは、ある人物に呼び止められる。その人物とは、ファレストの王子シュリオだった…。
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん」
満月の夜には、猫たちが互いの縄張りをかけた真剣勝負、「にゃんけん」を行うという。今宵もまた、満月。猫たちが集まる空き地にて、三毛猫組とニャーク団による一騎打ちが行われようとしていた―。
再生ページへ

「フレンズ」
ある夏の日、亮平はバスケ部の友人達と夏祭りに出かけていた。そこで同じ学校に通う賢一と出会い、言い争いを始めてしまう。そこに突然、鈴鹿という女の子が現れて―。
再生ページへ

「クリスマス キャロル」
スクルージ・キャロルは、偏屈な上に堅物、ケチで傲慢な金の亡者。庭師のティムが娘のルーシィに思いを寄せていることが気に食わず、クリスマスパーティの前日、ある計画をを思いつく―。
再生ページへ

「せをはやみ(ビター)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ビターチーム)
再生ページへ

「せをはやみ(ハニー)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ハニーチーム)
再生ページへ

◆配信中のラジオシアター作品

「雨月物語 菊花の約」
丈部左門は友人の家で病気で倒れている行きずりの武士、赤穴を見かける。左門は赤穴を看病し、その甲斐あって彼は日に日に良くなっていき…
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん 代理戦争篇」
満月のたびに三毛猫組とニャーク団の縄張り争いの方法は、『にゃんけん』と呼ばれ、勝負のたびに引き分けを繰り返していた。
再生ページへ

「雨月物語 吉備津の釜」
豪農の息子、正太郎はは吉備津神社の神主の娘、磯良と出会い、二人は互いに惹かれあうようになる。しかし、二人の将来を占ったところ、思わしくない結果が出てしまう。
再生ページへ

「今日の猫 明日の猫」
身ぎれいな明日の猫と、少し汚れている今日の猫。二人の猫の会話は取り留めもなく続いていく…
再生ページへ

「ジュリオの結婚」
平凡で貧乏な男ジュリオは、長年想い続けていた大金持ちの娘カーラと結婚をし、幸せを噛み締めていた。しかし、そんなジュリオに一通の手紙が届く…
再生ページへ

「シンデレラ」
シンデレラは、継母とその連れ子である姉にいじめられていました。継母達の言いつけを守り、家事をしていると…?
再生ページへ

「プチ・プランス」
飛行機でサハラ砂漠に不時着し、故障してしまった飛行機を直していたぼく。すると、少し変わった服を着た少年がぼくに声をかけてきた。
再生ページへ

「注文の多い料理店」
今回のお話は、宮沢賢治の児童文学を華劇風にアレンジした作品です。狩りのために、とある山に訪れた兄弟…。彼らは一体どうなってしまうのか。
再生ページへ

「アリババと砂漠の盗賊」
今回のお話は、言わずとしれた物語「アリババと40人の盗賊」を、華劇風にアレンジした作品です。さて、今回はいったいどんな展開になるのか。
再生ページへ
※パソコンからの視聴について
本サービスは、スマートフォン向けのサービスとなります。
パソコンからご視聴の場合は、一部ご利用いただけないブラウザがございます。
対応ブラウザ:Internet Explorer 9.0、10.0、11.0、Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版
また、最新版のブラウザでも一部の端末で再生が途切れる場合がございます。
Flash Playerを最新版にすることで改善する場合もございます。
最新版のFlash Playerはこちら

※お問い合わせについて
視聴が行えない等のお問い合わせにつきましては、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ



JASRAC許諾第9010553091Y31018号