• 詳細
  • 写真
  • 投稿
  • 掲示板

前編 後編


華劇「ジュリオの結婚」前編

【あらすじ】
平凡で貧乏な男ジュリオは、長年想い続けていた
大金持ちの娘カーラと結婚をし、幸せを噛み締めていた。
しかし、そんなジュリオに一通の手紙が届く…。


【登場人物】
ジュリオ:初生谷浩史(CV野島健児)
カーラ:常盤薫(CV代永翼)
アンジェロ:常盤薫(CV代永翼)
裁判官:常盤薫(CV代永翼)
アヴィード:初生谷浩史(CV野島健児)

■ベルモントのカーラの家の広間

ジュリオ
「ああ……夢のようだ。長年想っていた君とこうして結婚できるなんて」

カーラ
「私も、貴方のように素敵な男性と巡り合えて幸せよ。」

ジュリオ
「でもカーラ……本当に僕みたいに貧しい平凡な男で良かったのかい?」

カーラ
「お金も特別な才能もいらないわ。
 だって、お金なら父が残してくれた財産で不自由していないもの。
 ただ私を永遠に愛してくれると約束してくれれば、それでいいの。」

ジュリオ
「もちろん。この命にかけても、ずっと君を愛すると誓うとも!」

カーラ
「嬉しいわ……ジュリオ、これを受け取って頂戴」

ジュリオ
「この指輪は?」

カーラ
「この指輪は私たちの愛の証よ。どうか肌身離さず持っていて?」

ジュリオ
「ああ……分かった。決して離さないと誓うよ」

カーラ
「絶対よ。……そういえば、貴方当てに手紙が届いていたんだったわ」

#ジュリオ、カーラから渡された手紙を読む

ジュリオ
「ヴェニスから……アンジェロからだな!……っ! ああ、なんてことだ!」

カーラ
「ど、どうしたの? 貴方、顔が真っ青だわ!
 いったい手紙に何が書いてあったの?」

ジュリオ
「……。この手紙は、僕の親友アンジェロからのものだったんだが……」

カーラ
「アンジェロって、あの『ヴェニスの貿易王』と呼ばれるお方?」

ジュリオ
「そう。彼は商人として優秀なだけじゃない。とても友情に厚い男なんだ。
 ……僕が君に結婚を申し込む時に、君と僕とじゃ、
 とても釣り合わないんじゃないかって悩んでいたところを励ましてくれてね。
 そんな僕のために結婚資金を用意してくれたのが、アンジェロだったんだよ」

カーラ
「まあ! そんなことがあったのね」

ジュリオ
「だけど……その時アンジェロの財産を乗せた船は海の上で、
 お金を用意するために、アヴィードという男に借金をしてしまって……」

カーラ
「アヴィードですって!? とても冷酷で強欲な商人だって有名よ……」

ジュリオ
「ああ。ヤツは本当に残忍な男で、金を貸すにあたり、
 『返済できなければ、胸の肉1ポンドを与える』という条件を出してきた」

カーラ
「そんな……胸の肉を1ポンドも切り取ったら死んでしまうわ!」

ジュリオ
「僕も止めたんだ! でもアンジェロは、親友の恋が実るなら安い契約だ…
 船が戻ってくればお金は返せるから問題ない…と言って、
 契約を交わしてしまったんだ……」

カーラ
「でも、アンジェロさんは借金を返済できたのでしょう?」

ジュリオ
「それが……彼の船が遭難してしまったようだ……。
 手紙には……『全財産を失ってしまった』と書いてある……」

アンジェロ
『俺は、全財産を失ってしまった。
 アヴィードは、金を返せなくなった俺に対して、訴えを起こすつもりだ。
 ジュリオ。俺は、親友である君の結婚を心から祝福している。
 君の幸せの手伝いができたことを、光栄に思っている。
 こんなことになってしまったが、アヴィードと交わした契約は
 正当なものだし、これは俺の問題だ。
 だから、君がこの件で気に病むことはない。
 ただ、叶うならどうかもう一度、君の顔が一目見たい。』

ジュリオ
「ああ、アンジェロ、お前はバカだ。
 こんな僕のために、こんなバカな契約を結んでしまうなんて……
 今すぐにでもお前の元へ行って、僕が代わってやりたい」

カーラ
「ジュリオ……顔を上げて?
 アンジェロさんがアヴィードから借りた2倍のお金を用意しましょう。
 足りなければ3倍でもいいわ。
 それで契約を破棄してもらえるように申し出てみて」

ジュリオ
「カーラ! いいのかい?」

カーラ
「私達は結婚したんだもの。私の財産は貴方の財産でもあるのよ?
 何より……貴方と私の結婚を取り持ってくれた恩人の危機を
 見過ごすわけにはいかないわ」

ジュリオ
 「……ありがとう、カーラ。こうしちゃいられない!
 早速ヴェニスへ行ってくる!必ず彼をを救ってみせるよ!」

#ジュリオが退出する


■ヴェニスの法廷

裁判官
「静粛に。これより、裁判を始める。
 この裁判は、アヴィードがアンジェロへ貸した金について、
 アンジェロが金を返済ができない場合は、アヴィードへ
 「胸の肉1ポンドを与える」という契約に基づき、
 その権利の実行を求めるものである。間違いないか?」

アヴィード
「その通りだ」

裁判官
「アンジェロ代理人、ジュリオ、申し立てはないか?」

ジュリオ
「裁判官殿!アンジェロが借りた金の2倍、いや、10倍の金でも払います!
 何なら僕の手足を切り取っても構いません!
 どうかアンジェロをお救いください!」

裁判官
「ふむ……アヴィードよ、そなたの主張は法的に正しいものだが……
 代理人もああ言っていることだ、ここは慈悲の心をかけてやらんか?」

アヴィード
「慈悲ですと?」

裁判官
「そうだ。胸の肉を1ポンドも切り取れば、アンジェロは死んでしまうぞ?」

アヴィード
「アンジェロが死ぬかどうかなんて、知ったことか!
 裁判官殿、俺は金などいらん!
 俺が望むのは、契約が守られることだけだ!」

アヴィード
(ふん!前から憎いと思っていた商売敵を葬れるチャンスを
 逃すバカがどこにいる。絶対に契約は守ってもらうぞ!)

裁判官
「では仕方があるまい。契約は守られなければならない」

アヴィード
「ふははははっ! やったぞ!」

ジュリオ
「ああ!……なんてことだ!
 アンジェロ……僕は何よりも大事な君を失ってしまうというのか……」

アンジェロ
「ジュリオ、いいんだ、覚悟はできている。これは俺の問題だから。
 ありがとう、君が来てくれて、嬉しかったよ」

裁判官
「静粛に。それでは、両者が交わした契約に基づき、アヴィードに、
 アンジェロの胸の肉1ポンドを切り取らせることを認めよう」

アヴィード
「ははっ! 覚悟しろ! アンジェロ!」



前編 後編

◆配信中の華劇公演作品

「シャルロッテ」
ファレストとプライオスは敵対関係にあり、長い間争いを続けていた。そんな中、ファレスト王バプティスと、プライオス王の弟レオンは、密かに親交を交わしていた。ある日、バプティス王との謁見後、帰途でレオンは、ある人物に呼び止められる。その人物とは、ファレストの王子シュリオだった…。
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん」
満月の夜には、猫たちが互いの縄張りをかけた真剣勝負、「にゃんけん」を行うという。今宵もまた、満月。猫たちが集まる空き地にて、三毛猫組とニャーク団による一騎打ちが行われようとしていた―。
再生ページへ

「フレンズ」
ある夏の日、亮平はバスケ部の友人達と夏祭りに出かけていた。そこで同じ学校に通う賢一と出会い、言い争いを始めてしまう。そこに突然、鈴鹿という女の子が現れて―。
再生ページへ

「クリスマス キャロル」
スクルージ・キャロルは、偏屈な上に堅物、ケチで傲慢な金の亡者。庭師のティムが娘のルーシィに思いを寄せていることが気に食わず、クリスマスパーティの前日、ある計画をを思いつく―。
再生ページへ

「せをはやみ(ビター)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ビターチーム)
再生ページへ

「せをはやみ(ハニー)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ハニーチーム)
再生ページへ

◆配信中のラジオシアター作品

「雨月物語 菊花の約」
丈部左門は友人の家で病気で倒れている行きずりの武士、赤穴を見かける。左門は赤穴を看病し、その甲斐あって彼は日に日に良くなっていき…
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん 代理戦争篇」
満月のたびに三毛猫組とニャーク団の縄張り争いの方法は、『にゃんけん』と呼ばれ、勝負のたびに引き分けを繰り返していた。
再生ページへ

「雨月物語 吉備津の釜」
豪農の息子、正太郎はは吉備津神社の神主の娘、磯良と出会い、二人は互いに惹かれあうようになる。しかし、二人の将来を占ったところ、思わしくない結果が出てしまう。
再生ページへ

「今日の猫 明日の猫」
身ぎれいな明日の猫と、少し汚れている今日の猫。二人の猫の会話は取り留めもなく続いていく…
再生ページへ

「ジュリオの結婚」
平凡で貧乏な男ジュリオは、長年想い続けていた大金持ちの娘カーラと結婚をし、幸せを噛み締めていた。しかし、そんなジュリオに一通の手紙が届く…
再生ページへ

「シンデレラ」
シンデレラは、継母とその連れ子である姉にいじめられていました。継母達の言いつけを守り、家事をしていると…?
再生ページへ

「プチ・プランス」
飛行機でサハラ砂漠に不時着し、故障してしまった飛行機を直していたぼく。すると、少し変わった服を着た少年がぼくに声をかけてきた。
再生ページへ

「注文の多い料理店」
今回のお話は、宮沢賢治の児童文学を華劇風にアレンジした作品です。狩りのために、とある山に訪れた兄弟…。彼らは一体どうなってしまうのか。
再生ページへ

「アリババと砂漠の盗賊」
今回のお話は、言わずとしれた物語「アリババと40人の盗賊」を、華劇風にアレンジした作品です。さて、今回はいったいどんな展開になるのか。
再生ページへ
※パソコンからの視聴について
本サービスは、スマートフォン向けのサービスとなります。
パソコンからご視聴の場合は、一部ご利用いただけないブラウザがございます。
対応ブラウザ:Internet Explorer 9.0、10.0、11.0、Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版
また、最新版のブラウザでも一部の端末で再生が途切れる場合がございます。
Flash Playerを最新版にすることで改善する場合もございます。
最新版のFlash Playerはこちら

※お問い合わせについて
視聴が行えない等のお問い合わせにつきましては、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ



JASRAC許諾第9010553091Y31018号