• 詳細
  • 写真
  • 投稿
  • 掲示板

前編 後編


華劇「ジュリオの結婚」後編

【あらすじ】
アンジェロの裁判に駆けつけたジュリオ。
弁護も虚しく、アヴィードと交わした非情な契約が
今まさに執行されようとしていた。


【登場人物】
ジュリオ:初生谷浩史(CV野島健児)
カーラ:常盤薫(CV代永翼)
アンジェロ:常盤薫(CV代永翼)
裁判官:常盤薫(CV代永翼)
アヴィード:初生谷浩史(CV野島健児)

■ヴェニスの法廷

裁判官
「両者が交わした契約に基づき、アヴィードに、
 アンジェロの胸の肉1ポンドを切り取らせることを認めよう」

アヴィード
「ははっ! 覚悟しろ! アンジェロ!」

裁判官
「まあ待て。判決はまだ終わらぬ。
 確かに『胸の肉1ポンドを切り取る』ことは許したが……
 肉を切り取る際、アンジェロの血を一滴でも流してはならぬ」

アヴィード
「なんだって!? ふ、ふざけるなっ!そんなこと、できるわけがない!」

裁判官
「この契約書には『胸の肉1ポンド』としか書かれていないからな」

裁判官
「さあ、アヴィード。契約に基づき、アンジェロの胸の肉を切り取るのだ。
 だがもし、血を一滴でも流させれば、それは契約に違反したことになる。
 アンジェロが死んだ場合は、お前は殺人罪で罰せられるぞ」

アヴィード
「くそっ! バカバカしい! やっていられるかっ!
 もういい、貸した金の倍だ!それで勘弁してやる!」

裁判官
「アヴィード。……先ほどお前は、金はいらないと言ったな。
 一度断った申し立ては既に無効だ。そしてもう一つ。
 お前は、アンジェロが死ぬのを承知で『胸の肉1ポンド』を望んだな。
 それは明らかな殺人未遂だ」

アヴィード
「……っっ!」

裁判官
「アヴィードよ。殺人未遂の罪で、お前の土地と全財産を没収し、
 死刑とする」

アヴィード
「そ、そんな……バカなっ!」

アンジェロ
「お待ちください!裁判官殿、俺は亡くしたと思った命を助けていただいた。
 それだけで十分です。どうかアヴィードへ、ご慈悲を。」

裁判官
「……そうか。では、アンジェロとアヴィードが交わした契約を無効とする。
 命拾いしたな、アヴィード。」

アヴィード
「……くっ」

ジュリオ
「よかった! アンジェロ! 本当によかった!!」

アンジェロ
「ありがとう、ジュリオ……」

裁判官
「では、これにて閉廷とする」


■ヴェニスの法廷前

ジュリオ
「裁判官殿! 先ほどは、本当にありがとうございました!
 おかげで大事な親友を失わずに済みました!」

カーラ
(あらジュリオったら、裁判官が私だって、まだ気づいていないのね) 

ジュリオ
「何よりも大切な親友の命を救っていただいたのです!
 何でもいい! 御礼をさせてください!」

裁判官
「私は法と真実に基づき、判決を下しただけですが……」

カーラ
(ジュリオったら、本当にうれしそう。良かったわ。
 ……でも、『アンジェロのことが何よりも大切』だなんて、
 妻としてはちょっと複雑な気分だったわ。
 ……そうだ、ちょっと意地悪しちゃおうかしら)

裁判官
「……では、貴方のその指輪をいただけますか?」

ジュリオ
「え!? いや、この指輪は!」

裁判官
「どうしたのです? なんでも御礼をくれるのではなかったのですか?」

ジュリオ
「は、はい。確かにそう言いました。
 でもこれは、愛する妻からの贈り物なんです。
 僕はこの指輪を決して手放さないと妻と約束しました。
 どうかこれだけは勘弁してください」

裁判官
「なるほど。それは大事なものなのですね。
 でも、私はこの指輪に見合う仕事をしたはずですよ?」

ジュリオ
「確かにそうですが……」

裁判官
「……それに、貴方の奥様は、指輪と貴方の親友の命を天秤にかけるような
 冷たい方なのでしょうか?
 事情を知れば納得していただけるのではないですか?」

ジュリオ
「確かに彼女は愛情深い女性だ……
 分かりました。指輪を貴方に差し上げます」


■ベルモントにおけるカーラの家の広間

ジュリオ
「……裁判官殿はああ言ったが、カーラには指輪のことを、
 どう説明すればいいんだろう?」

カーラ
「ジュリオ! お帰りなさい! 裁判はどうだったの?」

ジュリオ
「ただいま、カーラ。一時はどうなるかと思ったけど、
 裁判官殿がとても有能な方でね、アンジェロの命は助かったよ!」

カーラ
「そう! 良かったわね!(まぁ、有能だなんて!)」

カーラ
「それはそうと、ジュリオ、私の贈った指輪をしていないようだけれど?」

ジュリオ
「ああ…実は…アンジェロを救ってくれた裁判官殿に何かお礼をしたいと
 申し出たところ、どうしても指輪が欲しいと言われて……」

カーラ
「嘘よ! そんなことを望む裁判官がいるわけないわ!
 貴方、他の女性にあげてしまったんでしょう! この浮気もの!」

ジュリオ
「違うんだ! カーラ!」

ジュリオ
(ああ……僕はなんてことをしてしまったんだろう)

ジュリオ
「すまない……カーラ……でも、神に誓って僕は浮気なんてしていないよ!」

カーラ
「本当に? だったら今後はもっと、指輪も私のことも、大事にしてね?」

#カーラがジュリオに指輪を見せる

ジュリオ
「そ、その指輪は!? なぜ君がこれを持っているんだい!?」

カーラ
「ふふふ……まだ気が付かないの? あの時の裁判官は私だったのよ。」

ジュリオ「なんてことだ……あの名判決を下したのが、カーラ、君だったなんて……
 君は美しいだけでなく、賢く、そしてとても大胆な勇気をもっているんだね。
 そんな女性を妻にできるなんて、僕はなんて幸せものだろう!」

カーラ
「私も、貴方は友情を大事にする素晴らしい人なんだって感動したわ。
 指輪を渡したことだって、貴方が誠実だってことの証だもの」

ジュリオ
「カーラ……ありがとう」

カーラ
「あら? 誰か来たわ、誰かしら」

#カーラ、玄関へ向かい、戻ってくる

カーラ
「ジュリオ、貴方へ手紙よ!」

#カーラがジュリオに手紙を渡す

ジュリオ
「……アンジェロからだ! ……カーラ!
 アンジェロの船が見つかって、積荷も無事だったそうだ!
 彼は財産を失わずにすんだって! ああ、なんて奇跡だろう!」

カーラ
「まあ! それは良かったわね!」



前編 後編

◆配信中の華劇公演作品

「シャルロッテ」
ファレストとプライオスは敵対関係にあり、長い間争いを続けていた。そんな中、ファレスト王バプティスと、プライオス王の弟レオンは、密かに親交を交わしていた。ある日、バプティス王との謁見後、帰途でレオンは、ある人物に呼び止められる。その人物とは、ファレストの王子シュリオだった…。
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん」
満月の夜には、猫たちが互いの縄張りをかけた真剣勝負、「にゃんけん」を行うという。今宵もまた、満月。猫たちが集まる空き地にて、三毛猫組とニャーク団による一騎打ちが行われようとしていた―。
再生ページへ

「フレンズ」
ある夏の日、亮平はバスケ部の友人達と夏祭りに出かけていた。そこで同じ学校に通う賢一と出会い、言い争いを始めてしまう。そこに突然、鈴鹿という女の子が現れて―。
再生ページへ

「クリスマス キャロル」
スクルージ・キャロルは、偏屈な上に堅物、ケチで傲慢な金の亡者。庭師のティムが娘のルーシィに思いを寄せていることが気に食わず、クリスマスパーティの前日、ある計画をを思いつく―。
再生ページへ

「せをはやみ(ビター)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ビターチーム)
再生ページへ

「せをはやみ(ハニー)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ハニーチーム)
再生ページへ

◆配信中のラジオシアター作品

「雨月物語 菊花の約」
丈部左門は友人の家で病気で倒れている行きずりの武士、赤穴を見かける。左門は赤穴を看病し、その甲斐あって彼は日に日に良くなっていき…
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん 代理戦争篇」
満月のたびに三毛猫組とニャーク団の縄張り争いの方法は、『にゃんけん』と呼ばれ、勝負のたびに引き分けを繰り返していた。
再生ページへ

「雨月物語 吉備津の釜」
豪農の息子、正太郎はは吉備津神社の神主の娘、磯良と出会い、二人は互いに惹かれあうようになる。しかし、二人の将来を占ったところ、思わしくない結果が出てしまう。
再生ページへ

「今日の猫 明日の猫」
身ぎれいな明日の猫と、少し汚れている今日の猫。二人の猫の会話は取り留めもなく続いていく…
再生ページへ

「ジュリオの結婚」
平凡で貧乏な男ジュリオは、長年想い続けていた大金持ちの娘カーラと結婚をし、幸せを噛み締めていた。しかし、そんなジュリオに一通の手紙が届く…
再生ページへ

「シンデレラ」
シンデレラは、継母とその連れ子である姉にいじめられていました。継母達の言いつけを守り、家事をしていると…?
再生ページへ

「プチ・プランス」
飛行機でサハラ砂漠に不時着し、故障してしまった飛行機を直していたぼく。すると、少し変わった服を着た少年がぼくに声をかけてきた。
再生ページへ

「注文の多い料理店」
今回のお話は、宮沢賢治の児童文学を華劇風にアレンジした作品です。狩りのために、とある山に訪れた兄弟…。彼らは一体どうなってしまうのか。
再生ページへ

「アリババと砂漠の盗賊」
今回のお話は、言わずとしれた物語「アリババと40人の盗賊」を、華劇風にアレンジした作品です。さて、今回はいったいどんな展開になるのか。
再生ページへ
※パソコンからの視聴について
本サービスは、スマートフォン向けのサービスとなります。
パソコンからご視聴の場合は、一部ご利用いただけないブラウザがございます。
対応ブラウザ:Internet Explorer 9.0、10.0、11.0、Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版
また、最新版のブラウザでも一部の端末で再生が途切れる場合がございます。
Flash Playerを最新版にすることで改善する場合もございます。
最新版のFlash Playerはこちら

※お問い合わせについて
視聴が行えない等のお問い合わせにつきましては、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ



JASRAC許諾第9010553091Y31018号