• 詳細
  • 写真
  • 投稿
  • 掲示板

前編 後編


華劇「シンデレラ」後編

【あらすじ】
魔法使いに魔法をかけてもらったシンデレラ。
果たして舞踏会に間に合うのでしょうか?


【登場人物】
シンデレラ:常盤薫(CV代永翼)
継母:古畑和慶(CV三宅健太)
姉:常盤薫(CV代永翼)
じいや:常盤薫(CV代永翼)
王子:古畑和慶(CV三宅健太)
ナレーション:古畑和慶(CV三宅健太)
女性1::常盤薫(CV代永翼)
女性2:古畑和慶(CV三宅健太)

ナレーション
「通りすがりの魔法使いに魔法を掛けられたシンデレラは、
 美しい姿となって、お城の舞踏会に行くことになりました。」

女性1
「王子さまー!」

女性2
「L・O・V・E!おうじっ!」

ナレーション
「会場では黄色い声が飛び交っていました。」

じいや
「どうですかな?お眼鏡にかなう女性は居ましたかな?」

王子
「じいや!申し訳ないが、私はまだ結婚を考えてはいないのだ」

じいや
「そんな事、おっしゃらずに。是非、お探しくださいませ」

王子
「いやだ!」

じいや
「そんなことをおっしゃらず。ほら、そこの方なんていかがでしょうか?」

女性1
「ウッフーン!王子様。踊りましょ?」

王子
「じいや!いくら、じいやでも言って良い事と悪い事がある!
 あれはどう考えても、代永翼の様な女ではないか!」

じいや
「それではあの方は!」

女性2
「おうじー!私とダンスウィズミー!」

王子
「じいや!ふざけるでない!あれはどう考えても三宅健太の様な声の
 女性ではないか!もう私は帰る!この舞踏会には代永翼のような奴と
 三宅健太の様なやつしか居ないではないか!
 いくらラジオシアターだからと言ってここまでやるかね!普通!」

じいや
「国中の美女が集まったにも関わらず、王子が、代永翼的な人と
 三宅健太的な人しかいないと!そこまでおっしゃるならば私も
 諦めねばなりませんな。残念でございます」

ナレーション
「シンデレラが到着したのはその頃でした。」

シンデレラ
「遅くなってすみません。私も舞踏会に参加させて下さい!」
王子
「ズッキューン!」

じいや
「王子、分かりました。これにて舞踏会をしゅうりょ・・・」

王子
「まて!じいや!」

じいや
「は?」

王子
「あの女性はどこのどなたなんだ?」

じいや
「あれも代永翼の様な女性ではございませんか!」

王子
「いや!違う!あれば!あれは!」

シンデレラ
「王子様!私も舞踏会に参加させて下さい!」

王子
「ああ!いいとも!」

シンデレラ
「ありがとうございます!」

王子
「美しい娘よ!もしよろしければ、私と踊らないか!」

シンデレラ
「もちろん、でございます」

ナレーション
「こうして運命の出会いを果たした王子とシンデレラはダンスを
 踊る事になりました。」

王子
「君はなんて素敵なのだ!」

シンデレラ
「ありがとうございます」

王子
「君は三宅健太の様な女性ではない」

シンデレラ
「はい。全然違います!」

王子
「代永翼の様な女性でもない」

シンデレラ
「はい!!私は代永翼の様な女性でもありません」

王子
「なんてことだー!今夜はなんて素敵な夜なんだー!
 私は、あなたをひと目見た時から恋に落ちてしまったようだー!」

ナレーション
「時の経つのを忘れて、二人はダンスを踊りました。
 ところが時は残酷に過ぎています。
 時計の針が間もなく12時になろうしていました。
 間もなくシンデレラの魔法が解けてしまいます。」

シンデレラ
「ああ!王子様!申し訳ございません!私は、帰らねばなりません」

王子
「な!なんだって!私はあなたともっと語らいたいのだ!
 私は君の名前もまだ!!!」

シンデレラ
「い、いけません、王子!私は間もなく・・・」

ナレーション
「シンデレラは王子の手を離し、走り始めました。」

王子
「ああ!何と言う事だ!待ってくれ!せめて君の名を!!!」

シンデレラ
「王子様、追いかけないで下さい!私と王子様では身分が違い過ぎます!」

ナレーション
「王子は全力で、ダッシュしてきました。
 この国にはシンデレラ以外、代永翼と三宅健太の様な女性しか
 いなかったからです。」

シンデレラ
「ダメ!裸足にならなきゃ、追いつかれちゃうわ!」

ナレーション
「シンデレラは、靴を投げ捨て、ダッシュしました」

王子
「きみ!待ってくれー!俺を置いていかないでくれー!
 くれー!くれー!」

ナレーション
「シンデレラが走り去った後、残された王子はシンデレラの脱ぎ捨てた
 ガラスの靴を見つけました。」

王子
「私は、何としてもあの娘を妃にするぞ。じぃ!じいや!」

じいや
「はい、なんでしょうか?」

王子
「この靴にあう女性を国中探すのだ!」

じいや
「は?この国に何人の女性がいると思っているのですか、
 無茶を仰らないでください」

王子
「探せるはずだ!そうだ!国中にお触れを出せ!
 このガラスの靴が履ける女性と私は結婚すると!」

ナレーション
「こうして、王子のシンデレラ探しが始まりました。」

継母
「シンデレラ!今日の夕飯は?」

シンデレラ
「今日の夕飯は、こんにゃくステーキです!」

継母
「分かっているじゃないの!私がダイエットする事どうしてわかったの?」


「シンデレラ!あなた、私にはどうしてハンバーグを出すの!」

シンデレラ
「その、お母さまが!」

継母
「あーら、あなたには幸せになって欲しいから!」


「おかぁさま!もしかして痩せてガラスの靴を!」

継母
「あら、何が悪いのです?いくつになっても女性は美しくありたいものです!」


「もう!信じられない!おかぁさま!私を出し抜く気ね!」

継母
「なによ!娘のくせに!」

シンデレラ
「やめてーーーー!!」

継母
「おらーーーっ!」


「ふざけんじゃないわよビーム!」

継母
「何言ってくれているんだチョップ!」

ーしばし小競り合いが続く

じいや
「あのー。お取込み中失礼します。ガラスの靴を履いて下さらんか?」

継母
「え!私ですか!」


「私もですか」

じいや
「はい。皆様にお願いしております」

継母
「では私から・・・あれ?おかしいわね、いつもは・・・・ふんっ!」

じいや
「違うようですな」


「じゃ!私!・・・あれ・・ちょっとむくんじゃって・・・んー!!」

じいや
「ちょっと、無理のようですな」


「悔しいわ!!!」

じいや
「あれ?そこの娘さんは?」

継母
「この子は違うわ!舞踏会の時は家でお留守番してたんですから!」

シンデレラ
「あの・・・その。私も、履いてみてもいいですか?」

じいや
「キラーン!もしかして!この声は!あの時の!
 そなた靴を履いてみなされ!」

ナレーション
「シンデレラが靴に足を入れるとぴったり入りました。」

じいや
「なんと!やはりおぬしが!」

シンデレラ
「名乗りもせず失礼させて頂きました」


「シンデレラが舞踏会にいたなんて、どういうこと!ドレスはどうしたのよ!」

シンデレラ
「その、親切な通りすがりの魔法使いさんが着せてしてくださったのです」

継母
「ふざけるんじゃないわよ!そんな親切な方がいるわけないじゃないの!」

ナレーション
「その後、王子様と再会したシンデレラは、幸せに暮らしたそうです。
 え?あの継母と姉ですか?実は、あの二人、
 その後、漫才コンビを結成して、国中の大人気になったのです。
 そのお話はまた別のお話と言う事で・・・。」



前編 後編

◆配信中の華劇公演作品

「シャルロッテ」
ファレストとプライオスは敵対関係にあり、長い間争いを続けていた。そんな中、ファレスト王バプティスと、プライオス王の弟レオンは、密かに親交を交わしていた。ある日、バプティス王との謁見後、帰途でレオンは、ある人物に呼び止められる。その人物とは、ファレストの王子シュリオだった…。
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん」
満月の夜には、猫たちが互いの縄張りをかけた真剣勝負、「にゃんけん」を行うという。今宵もまた、満月。猫たちが集まる空き地にて、三毛猫組とニャーク団による一騎打ちが行われようとしていた―。
再生ページへ

「フレンズ」
ある夏の日、亮平はバスケ部の友人達と夏祭りに出かけていた。そこで同じ学校に通う賢一と出会い、言い争いを始めてしまう。そこに突然、鈴鹿という女の子が現れて―。
再生ページへ

「クリスマス キャロル」
スクルージ・キャロルは、偏屈な上に堅物、ケチで傲慢な金の亡者。庭師のティムが娘のルーシィに思いを寄せていることが気に食わず、クリスマスパーティの前日、ある計画をを思いつく―。
再生ページへ

「せをはやみ(ビター)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ビターチーム)
再生ページへ

「せをはやみ(ハニー)」
天馬学園に通う女子高生 安藤春菜は、昼休みのまどろみの中、不思議な夢を見る。夢の中、心に語りかけてくるその声は自分を第六天魔王と名乗った。戦国時代に愛を誓った二人の、時代を超えた歴史転生ファンタジー! (キャスト:ハニーチーム)
再生ページへ

◆配信中のラジオシアター作品

「雨月物語 菊花の約」
丈部左門は友人の家で病気で倒れている行きずりの武士、赤穴を見かける。左門は赤穴を看病し、その甲斐あって彼は日に日に良くなっていき…
再生ページへ

「仁義なきにゃんけん 代理戦争篇」
満月のたびに三毛猫組とニャーク団の縄張り争いの方法は、『にゃんけん』と呼ばれ、勝負のたびに引き分けを繰り返していた。
再生ページへ

「雨月物語 吉備津の釜」
豪農の息子、正太郎はは吉備津神社の神主の娘、磯良と出会い、二人は互いに惹かれあうようになる。しかし、二人の将来を占ったところ、思わしくない結果が出てしまう。
再生ページへ

「今日の猫 明日の猫」
身ぎれいな明日の猫と、少し汚れている今日の猫。二人の猫の会話は取り留めもなく続いていく…
再生ページへ

「ジュリオの結婚」
平凡で貧乏な男ジュリオは、長年想い続けていた大金持ちの娘カーラと結婚をし、幸せを噛み締めていた。しかし、そんなジュリオに一通の手紙が届く…
再生ページへ

「シンデレラ」
シンデレラは、継母とその連れ子である姉にいじめられていました。継母達の言いつけを守り、家事をしていると…?
再生ページへ

「プチ・プランス」
飛行機でサハラ砂漠に不時着し、故障してしまった飛行機を直していたぼく。すると、少し変わった服を着た少年がぼくに声をかけてきた。
再生ページへ

「注文の多い料理店」
今回のお話は、宮沢賢治の児童文学を華劇風にアレンジした作品です。狩りのために、とある山に訪れた兄弟…。彼らは一体どうなってしまうのか。
再生ページへ

「アリババと砂漠の盗賊」
今回のお話は、言わずとしれた物語「アリババと40人の盗賊」を、華劇風にアレンジした作品です。さて、今回はいったいどんな展開になるのか。
再生ページへ
※パソコンからの視聴について
本サービスは、スマートフォン向けのサービスとなります。
パソコンからご視聴の場合は、一部ご利用いただけないブラウザがございます。
対応ブラウザ:Internet Explorer 9.0、10.0、11.0、Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版
また、最新版のブラウザでも一部の端末で再生が途切れる場合がございます。
Flash Playerを最新版にすることで改善する場合もございます。
最新版のFlash Playerはこちら

※お問い合わせについて
視聴が行えない等のお問い合わせにつきましては、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ



JASRAC許諾第9010553091Y31018号